2016/04/27 16:32



花束、切り花を持ち歩くためにデザインされたBluma フラワーバッグ。
おかげさまで花を扱うスペシャリストやブリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーの先生にもご愛用頂いております。
今回はブルーマの大切なお客様をご紹介させて頂きます。


アーティフィシャルフラワー Kohaku 様


幅広くご活躍されているアーティフィシャルフラワーの先生が主宰されるスクールです。
生き生きと輝くアーティフィシャルフラワーの美しさは、思わず息をのむほど。
デリケートな生花への愛情から、ブルーマフラワーバッグをご愛用頂いております。



Bluma x Kohaku





自由が丘のお花屋さん ブリキのジョーロ Buriki no Zyoro 様


お店の入り口には手入れの行き届いたガーデンスペースがあり、色とりどりのグリーンに圧倒されます。
店内のディスプレイはやわらかく温かみがあり、まるでフランスのアンティークショップとお花が融合したかのような空間が広がります。
こちらは多肉植物をはじめ、季節ごとの新鮮な花を取り扱うこだわりのお花屋さんです。
切り花を気軽に持ち歩くことができるBlumaのコンセプトに共感して頂き、お取り扱い頂いております。



Bluma x Buriki no Zyoro

小さなお客様でもブルーマがあれば花の持ち運びは簡単です。


プラスティックフィルムやテープを使わないBlumaは、花そのものに対してだけでなく、環境にも優しいフラワーバッグです。
花瓶に活けるときにハサミは必要ありません。

人間工学に基づきデザインされたBlumaは、荷物を持ちながらでも、または自転車に乗りながらでも花束を運ぶことを可能にしてくれました。
そして、お花屋さんが心をこめて作り上げてくれた美しい花束を紙やビニール袋で隠すことなく、持ち歩く時間さえも楽しませてくれるのです。

花のある暮らしに、新しいスタイルを。

MyriadはBLUMAの正規代理店です。





***記事内の画像、文章を含むいかなる内容の転載・転用をお断り致します***